2019年06月08日

バーチャルYouTuber



読んで字の如くバーチャルYouTuberつまり現実には存在しないYouTuberのことで、実在のYouTuberと比べプライベートや個人情報が守られるため導入した方が良いと考えます。

これがまかり通るとブログやTwitterインスタ同様ハンドルネームでの活動が可能となります。元々架空のキャラクターを立ち上げるので自分でキャラ設定を考えるなどプロデュース能力が必要となります。

デメリットはキャラクターを一度決定づけてしまうと、演じ続けなければならないので続けられるかどうかまたそれが苦痛と感じる可能性があります。また実際立ち上げるにもスマホがあれば簡単ですが、ハードルが低い文やれることも限られてきます。

またパソコンを使って編集やキャラクターを動かす場合にはチームを組んで行う必要がありますし、キャラクターを動かすにしてもモーションキャプチャーなどが必要でそれを行うには機材の金額がまだ高いのでもう少しブームになって機材が一般化するまで待つしかないような気がします。


posted by ピング送信 at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。