2017年10月14日

アーカイブ



アーカイブというと、古い物を指す物だと認識していましたが、それは記録保存などの意味合いからそう認識してしまったみたいです。本来の意味は、文化遺産などを残し後生に伝えていくことを指しています。

パソコンの世界では、複数のファイルを1つにまとめて処理をする意味でアーカイブと使われます。最近では昔の記事はアーカイブを見てください等という使われ方をしているのでアーカイブの意味を誤認されやすいようです。

自然に使っており、意味を取り違えやすい言葉の1つかもしれませんね。今後言葉の意味合いはまた変化するかもしれません。
posted by ピング送信 at 00:00| Comment(0) | A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: